文骨の納骨

父が亡くなって11年が経過しました。

当時、お骨の一部を分骨という形で父の実家のお墓にも納めていました。

分かれているのは良くないだろうということで、本日同じお墓に納骨しました。

私は、仕事で行けませんでしたが、子供達が立派に大役を務めてくれたようです。
f0002512_12573288.jpg

[PR]

# by hakara | 2016-08-04 12:57 | プライベートの話

ネットで見つけた話

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

幸せって何でしょう。
[PR]

# by hakara | 2014-11-25 17:58 | プライベートの話

テレビ中継

錦織選手の中継が途中で終わって、クレームがあったみたいですね。急遽放送しただけすごいわけで、ビジネスなのでしょうがない話しなのに自分勝手な人が増えて寂しいです。
[PR]

# by hakara | 2014-10-05 20:38

川崎の天気

普段外で仕事をしていると、雨が降るかどうかはとても重要な問題です。

梅雨の時期は、工事が遅れがちになるため何かと大変です。

もちろん、雨が降らなければ水不足になるため必要なのですが。

ただ、最近川崎は特殊だと感じます。

日本中が大雨で大変な時も、川崎は降っていないことが多いです。

何か理由があるのでしょうが、今はまだ判明していません。
[PR]

# by hakara | 2014-07-09 19:04 | 石屋の話

36歳

本日付で36歳になりました。

40歳が現実的に近づいてきています。

中身のある40代を迎えるために、今やらなければいけないことが山ほどあります。

ワクワクしながら前向きに進めます。
[PR]

# by hakara | 2014-06-22 18:18 | プライベートの話

断乳

真司さんは、母乳で育っています。

上の二人も母乳で育ちました。

いつも母乳を飲んでいるので、止めるときが大変です。

真司さんもついに止めるときがきました。

しかし、精神安定に不可欠なものが突然禁止されるためイライラしているようです。

僚司さんと珠希さんが噛み付かれています。

うまく止めていかないと大変そうです。
[PR]

# by hakara | 2014-06-12 10:44 | プライベートの話

ブログの検索キーワード

私のこのブログがどれくらいの人に見られているのか等を調べることができます。

調べると言ってもexciteブログの機能にあるのですが。

件数は大したことはないのですが、数年前からとあるキーワードを検索した方々が見に来ています。

ダントツの1位は、「マジックフルーツ」その次に「ふれ~ゆ」。

マジックフルーツに関しては、一度買って試したことを書いただけなので、調べたくて見に来た方は、さぞガッカリされたことでしょう。

ふれ~ゆも、鶴見にあるプールのことをたまに書いているだけですので、大した情報はありません。

少しは有益な情報を発信するように、意識をしてみようかと思います。
[PR]

# by hakara | 2014-05-21 15:29 | プライベートの話

サッカー観戦

先日、家族でフロンターレ対横浜Fマリノスの試合を観戦してきました。

今回ついに僚司さんの不敗神話が途切れました。

しかも、0対3での敗戦。

しかも、トイレに行ったり横を向いたりした瞬間に全ての得点が決まりました。

等々力競技場ですので、オーロラビジョンでマリノスの得点シーンはリプレイしません。

現地にいたのに、得点シーンをテレビで確認しました。

残念です。

もっと残念だったのは、マリノスのサポーターが暴徒かしていたことです。

ニュースでも取り上げられていないので、いつものことなのかもしれませんが。

試合開始前から、若い血気盛んなマリノスサポーターが、フロンターレサポータとのあいだにあるフェンスを越えてこようとして暴れていました。大声で何か叫んでいます。

警備や運営の方々が出てきて抑えていました。

最初1階席のマリノスサポーターが、何かに気づいて一斉にフロンターレサポーターに向かって抗議していましたが、すぐに応援を再開。

その後何故か、2階席にいた黒いTシャツの数名だけが暴れていました。

正確な理由は知りませんが、どうやらマリノスの旗がフロンターレの応援席まではみ出していて、そこにフロンターレのサポーターがマフラーをかけていたのを見て怒ったようです。

皆さんチームのへの想いがあるのでしょう。

ただ、今回は飛び越えようとして幅があり過ぎたため転んだので事なきを得ましたが、もし飛び越えられていたらどうなっていたのか。

手を出せば犯罪です。

理由なんて関係ありません。

サッカーの応援中は、暴力的な行為をしていいという法律はありません。

彼らの暴力的で許すことのできない行為を、たくさんの子供たちが見ていました。

彼の中では、マリノスの旗に相手チームのマフラーがかかったら暴れていいという大義名分があるのでしょう。(実際の理由は知りえませんが)

それは、サポーターという特殊な世界の中で、さらに特殊な人の考えだということを理解してほしいです。

そして、運営をされている方々は毅然とした態度でのぞんで欲しいと思います。

サッカー観戦であれは普通なのかもしれませんが、一般的に見たら出入り禁止にしてもいい行動です。

少なくとも、今後子供を連れてマリノス戦を見に行くのは怖いと感じます。

子供たちが、安心して観戦できる場であり続けてほしいと切に願います。
[PR]

# by hakara | 2014-05-20 18:47 | プライベートの話

最近の洋服の採寸方法

南町田にある、グランベリーモールに行くことがまれにあります。

実家から近いこともあり、帰省した時に寄ります。

昨日も、珠希さんが「アナと雪の女王」を観たいというので行きました。

僚司さんは興味がないということで、「ネイチャー」を観にいきました。

朝ネットで席を予約していたので、時間まで余裕がありました。

グランベリーモール内で、子供たちの洋服を買ったりしながら時間を潰していたのですが、

あるお店で洋服の寸法が簡単にわかる機械がありました。

そこは、外国のサイズのため日本のサイズが何にあたるかいつも迷っていました。

これで迷いません。
f0002512_16143272.jpg

機械の前に立って、身振りで男性とか子供とか選ぶだけでサイズが印字されて出てきます。

便利です。そして子供は大喜びです。

遊び心があって、実用的で素敵なサービスでした。
[PR]

# by hakara | 2014-05-05 16:14 | プライベートの話

遅くなりましたがお墓参り

昨日はお墓参り。
春のお彼岸は忙しくて行けないため、時期がだいぶずれ込みました。
僚司さんが真司さんに、ナムナムのやり方を指導します。指が曲がって、どちらかというとクリスチャンのようになりましたが。
f0002512_1624013.jpg

f0002512_1625911.jpg

暖かくなり食欲の出てきた鯉にも餌をあげます。
f0002512_1652116.jpg

ヒルズ川崎聖地では、受付で鯉の餌を無料でくれます。

子供たちにとっては、お墓参りの楽しみの一つです。
[PR]

# by hakara | 2014-05-05 16:04 | プライベートの話
line

川崎の石屋で働く日々


by hakara
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30